風評被害は昔からあった?

投稿者: admin
8月 18 2014 年

東北の大震災から頻繁に耳にする機会が増えましたのが、「風評被害」という単語です。事実無根のデタラメで評価を落としてしまうことは、多くの損失を生んでしまうことになりかねません。しかしこの風評被害という言葉こそ聞かなかったのですが、震災以前にもネットの世界ではデマや誤報を流す掲示板が多く作られていました。そしてそれらの風量被害となる掲示板なのですが、現在も放置がされておりまして、調べればいつでも閲覧できるものもまだまだ多くあります。

それらの掲示板サイトについては、何かしらの風評被害対策を行なう必要があるかと思います。実はこの風評被害を生み出す怖れのある掲示板なのですが、風評被害対策をしている企業に相談をすることで、ページをネット上から削除させることも可能になっているのです。以前は検索エンジンで、掲示板名が出てきたという話題もあったのですが、最近思い出して検索を掛けたところ出てこないという経験は無いでしょうか。これも風評被害対策として、業者がページを削除した可能性があります。

風評被害で傷つくのは企業の経営だけではありません。個人の心の苦しみについてもその被害は甚大です。風評被害対策で、そのような掲示板を撲滅して欲しいと思います。

このエントリーのトラックバックURL